阪神タイガース 手描きニッカ乱れ咲き

毎年たくさんのオーダーを頂いているリピーター様からのご注文で

今や廃盤となった貴重なタイガースモデルのニッカ3着に描かせて頂きました。

1着目は、ピンクの虎と牡丹

ピンクを基調とした虎を、左右に渡し

周りに牡丹の花を描き込みました。

制作料金:¥35000

2着目は、紫の双虎と椿

紫を基調とした虎を2頭に椿の花

前面にも回り込んだ大迫力の図柄となりました。

制作料金:¥50000

そして3着目、これは強烈です!!

水滸伝の登場人物、九紋龍史進を描かせて頂きました。九匹の龍の刺青が名前の由来で、今回は九紋龍ならぬ九紋虎バージョンです!!

刺青まで細かく表現

こだわりポイントは、わき部分の刺青。

ほら、ちゃんと空けてますよ😃

制作料金:¥50000

阪神タイガース 手描きユニフォーム 虎と滝

激レアのSSK黒ユニに、虎と滝の背景を描かせて頂きました。

納品翌日、このユニのお客様にお誘い頂き、西宮市甲子園口の美味しいジンギスカンのお店幸志YEN」さんに連れて行って頂きました。

僕自身、ジンギスカンは初めてで

無事に羊貞を捧げる事が出来ました。

制作料金:¥40000

シャッター 手描きペイント

大阪市旭区の洋風居酒屋

「Memories Of Blue 」さんのシャッターに描かせて頂きました。

まずは、あらかじめ撮影した写真を元に

大まかな構図を決め、下絵を描きます。

これを、シャッターに描きこんでいきます。

まず円を書いて、その中に鉛筆でだいたいの配置を書き出します。

ベースとなる色を乗せて、明暗の目星をつけます。

店内を明るく表現する為

外の部分や影の部分を思い切って暗くします。

\

ここから、店内の描き込みです。

少しずつ見えて来ました。

ボトル等の細かい部分の描き込みです。

遠近感を表現する為

奥の方は、あえて浅い描き込みで止めます。

手前は細かく、奥は大ざっぱに

描いては離れて見ての繰り返しです。

時には、ナイター作業も決行。

ここからが長い。

細部を描き始めると、ゴールの無い世界に突入します。

店内は、だいたい描き上がりました。

次は、文字を書いていきます。

更に細部を描き込み、これにて完成とさせて頂きました。

作業時間:約5時間/日×12日間

制作料金:¥200,000-

最後に、MOBさんに作って頂いた

制作過程の動画です。

ありがとうございました。

京阪森小路駅前

「Memories Of Blue 」